長いURLを短く変換してくれる
便利な無料サービスがあります。
それが『短縮URL』です。

でも、わざわざURLを短くする
必要があるの?
と思われた方がいらっしゃる
かもしれません。

そこで、事例を交えて
短縮URLの作成方法と
短縮URL作成のメリット・デメリット
お伝えしたいと思います。

URLの短縮事例

例えば、
こんな場合はいかがでしょうか?

私のとあるFacebook投稿の
URLリンクを通常表示すると
以下のようになります。

https://www.facebook.com/photo.php?fbid=2342105272722284&set=a.1514859388780214&type=3&theater

これでも悪くはないのですが、

例えば、
スマホメールにURLを貼り付ける場合や、

Twitterのように
140文字の制限がある場合や、
口頭で伝えなければならないときには
ちょっと長いですよね。

こんな時に、変換した短縮URLを
お使いいただくと便利です。

上記のURLを短縮URLに変換すると
以下のようになります。

http://urx.blue/Gwtk

大分、短縮されたと思いませんか?
この短縮URLなら、URLの紹介も便利ですね。

短縮URL作成のメリットデメリット

短縮URLが便利だからといって、
何でもかんでもURLを短縮すれば良い
というものではありません。

メリットデメリットがありますので、
しっかりと理解したうえで、
必要な場合にのみ、
短縮URLを利用することをお勧めします。

短縮URLのメリット

・文字数が短くなる
上記に記載したように、
文字制限がある場合に、長いURLでは
伝えられないことが、短いURLにする
ことで伝えられるようになります。

また、口頭や手書きでも
何とか伝えられる文字数になります。

・URLがスッキリ見える
スマホなどの小さな画面内に
URLがすべて収まるので
綺麗に見えます。
ユーザーからの見栄えがよくなります。

・日本語URLなどのリンクが
途切れずに貼れる
例えば、AmazonやWikipedia
のような「日本語」が含まれたURLを
紹介するといった場合に、

別の場所に貼り付けようとすると、
凄く長いURLになってしまい、
リンクが機能しなくなる場合があります。

こんな時に短縮URLなら
リンク切れにならずにスッキリと
貼り付けることが可能で便利です。

短縮URLのデメリット

リダイレクトが発生し表示が遅くなる
リダイレクトとは「転送」のことです。
短縮URLには元のURLがあるので
そのURLを経由することになり、

サイト表示が遅くなり、
SEO(検索エンジン)などで
不利になります。

リンクの永続性が不透明
短縮URLを作成するサイトが
無くなってしまえば、
作成した短縮URLは消滅します。
なので、一時的に利用する場合に
向いているといえます。

短縮URLのリンク先が消せない
短縮URLのリンク先を変更できません。
一度発行した短縮URLを他の
短縮URLのリンク先には使えません。

メリットデメリットをよく考えて
上手に短縮URLを利用するように
しましょうね!

短縮URLとQRコードが一緒に作成できる便利なサイト

メンテナンスURLを保存しておけば、
作成した短縮URLへのアクセス回数の
閲覧と短縮URLの削除などが可能。

QRコードまで一緒に生成してくれます。

しかも、元ページのSEO効果を
そのまま転送先へ継承することが
可能となっている便利な
短縮URL作成サイトがありますので
ご紹介させていただきます。
→ http://urx.nu/

※2019年3月13日時点の情報です。
運営・サービス停止などになった場合は
ご容赦ください。

短縮URL、QRコードの作成方法

作成方法はとても簡単です。
→ http://urx.nu/

上記URLにアクセスし、
短縮したいURLを指定の場所に張り付けて、
「変換する」ボタンを押すだけ。

短縮URLQRコード作成

QRコードは、
名刺やチラシ、ブログなどに
張り付けて紹介すると便利ですね。

是非、ご活用くださいね。

▼無料公式メルマガ
松本沙紀【admire(アドマイアー)通信】
のご登録はこちらから。
———————————————————
「超★起業準備14のステップ」
動画&PDFをプレゼント中♪
https://admire-you.com/you-tube_admire-channel/

只今、下記レポートをプレゼント中。
↓画像をクリック↓

プレゼント内容