「売れる」商品・サービスをつくったら、
いよいよ販売!

と急ぎたくなる気持ちもわかりますが、
何事も準備というものが必要です。
慌てて「商品・サービス」を紹介していませんか?

せっかくの良い商品、webでは特に、
ちゃんと段階を踏んで「販売」をすることで、
結果が何倍にも変わってきます。

お客様は6段階に分かれる

「お客様」と一言でいっても
色んな段階があるのです。
まずは、これを意識したいですね。

お客様が今、どの段階にあるのか・・・
その「段階」に合わせた働きかけを
していくことで、継続して、
大きな「売上」につなげることが可能です。

段階は「6つ」に分かれると言われます。
では早速、順番に見ていきましょう!

『顧客の6段階を無視して
web販売をしていませんか?』
▼動画(7分16秒)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

・1段階目:「潜在客」

あなたの商品・サービスを
購入する可能性がある全ての人

    ↓

・2段階目:「見込み客」

あなたの商品・サービスを必要とし、
それを購入する能力のある人

    ↓

・3段階目:「お客様」

あなたの商品・サービスを
初めて購入した人

    ↓

・4段階目:「顧客」

あなたから
商品・サービスを二度以上購入した人

    ↓

・5段階目:「得意客」

競合からの誘いにも負けず、
定期的に購入をする人

    ↓

・6段階目:「贔屓客(ひいききゃく)」

熱烈な「ファン」
購入行動に思い入れがある得意客

~~~~~~~~~~~~~~~~~~

あなたが普段「見込み客」と
言っている人は、
本当に見込み客になっていますか?

お客様への「〇〇」が突然になっていませんか?

なぜ、この話しをしたのかというと、
いきなり『告知』をしてしまう
という方が多いからなんですね。

二人三脚web構築スクールの受講生には、
ある日突然「告知」の投稿をして、
あっという間に通りすぎて終わってしまう・・・

ということのないようにお伝えしています。

ちゃんと計画を立てていただいて、
例えばFacebookの投稿では、

・〇/〇に「△△」の投稿
・〇/〇に「□□」の投稿
・〇/〇に「◇◇」の投稿
・・・・
といったように、

「いつ、何を投稿するのか?」の
スケジュールに沿って、
投稿をしていただいています。

その日の「気分」とか「やる気」
などの「投稿」だけではないのです。


まずは、
お客様にあなたの
「サービスや商品を知ってもらう」

つまり、
「認知してもらう」
ところから入らなければなりません。

そのうえで、
お客様の「段階」に合わせたアプローチが
必要となってきます。

特に、webを使った情報発信では、
とても大切な「考え方」の1つになります。

 

もしあなたが、
「早く売上を上げたい。」
「成果につなげたい。」
「行動をしなければならない。」

と焦るばかりで、
空回りしている状態でしたら、

一度、情報発信のありかたや、
お客様との関わり方が、
「唐突」になっていないか?

見直してみてくださいね!

一気に売り上げをあげたい!
気持ちはわかりますが、やはり、、
『日々の認知活動が大事なのです。』

ブログを活用して「潜在客」の目に触れる

そして、
まずは「潜在客」の目に触れる機会を
多く持つことが、「集客」につなげるためには
とても重要です。

初心者の方に、特にお勧めなのが
「ブログ」の構築です。

単発の「集客ツール」として使うと、
とても時間がかかりますが、ブログは、
濃い見込み客を集めることが可能です。

そして、SNSと組み合わせて
「拡散」させることで、「認知」の
スピードをあげることができます。

例えばFacebookやTwitter、
インスタグラム、LINE@などを利用し、
ブログに「流入」させる入口を
増やしていきます。

あなたに最適な、複数の入り口を
持ったほうが効率が上がりますよ!

数字で分析をする

ただし、複数のメディアを持つと、
運営にも時間がとられてしまうので、

あなたにとって「最適」なもの
「効率の良い」ものだけを残して
運用していく必要があります。

何が最適なのかは、どの「入り口」が
最も効率よく集客できたかを
分析していくことです。

ちゃんと「数字」で分析をして、
それによって、どこに時間とエネルギーを
投資すべきかを見ていきます。

なんとなく・・・では勿体ない!

webを使うなら
「数字」を意識してくださいね。

例えば、
ブログでは「どんな記事」に
アクセスがあり、良く読まれているのか?

メルマガなら「どんなタイトル」の
開封率が良いのか?

などです。

まとめ

いきなり「告知」をして、
「売れないな・・・」「数字も悪いな…」
と嘆く前に、

まずは「認知」の活動が、
日々できているかを
確認していきましょう!

「見込み客」の前の「潜在客」に
いきなり「告知」をしていませんか?


或いは、既に「見込み客」の段階なのに、
いつまでも「見込み客」を
放置していませんか?

あなたの「商品・サービス」を
多くのお客様が待っているかもしれません。

お客様へのアプローチの段階を
意識して「販売」のタイミングを
見極めてくださいね。

このブログが
お役に立てましたら幸いです。

———————————————————

▼無料公式メルマガ
松本沙紀【admire(アドマイアー)通信】
のご登録はこちらから。
→ https://admire-you.com/preparation-startup/

只今、下記レポートをプレゼント中。
↓画像をクリック↓プレゼント内容